壁の汚れやシミはクロス張り替えで問題解決|壁紙の種類と特徴

作業員
  1. ホーム
  2. 適正な場所に設置しよう

適正な場所に設置しよう

洗濯機

生活導線を確保しよう

新しく洗濯機を取付する場合に気を付けなけらばならないことがあります。最近は種類も豊富で、二層式や斜めドラム型などさまざまな形状をしているため、設置場所のスペースがしっかりと確保できているか確認しましょう。いざ置いてみたら周囲の洗面台が使いにくくなった、洗濯機が邪魔で生活導線に無理があるといったケースもあります。取付場所には通常、蛇口やコンセントの差し込み口、漏電防止のためのアース口が取り付けられています。洗濯機のサイズによってはこれらの必要な差込口が対応できない場合があります。また、重量も重いため、一度設置すると力の弱い人では移動することが難しくなります。取付時には専門の業者にもしっかりと確認してもらいましょう。

風呂場の近くに設置しよう

洗濯機のトラブルで多いものに水漏れがあります。排水パイプが上手に差し込まれていない、蛇口から注入するパイプのサイズがかみ合っていないなど、取付時のミスで思わぬ事故がないようにするために、水漏れ防止用のトレーを用意する場合もあります。事前にトレーが設置してあるマンションもあります。また、節水を考慮して風呂水を利用したい場合には、洗濯機と浴室が近いことが条件になります。専用の風呂水吸い上げ用のホースの長さが足りているか確認しておきましょう。別売で長めのホースの追加取付も可能です。特に吸い上げホースの先端部分は定期的なメンテナンスが必要になります。先端が目詰まりを起こすとうまく吸い上げができなかったり、時間が掛かりすぎる場合もあります。さまざまなことを想定しながら洗濯機を取付けてみましょう。