壁の汚れやシミはクロス張り替えで問題解決|壁紙の種類と特徴

作業員
  1. ホーム
  2. 床をきれいに保つには

床をきれいに保つには

フローリング

樹脂系ワックスによる違い

フローリングの床は常に光沢を保つほど磨き上げられているのが理想ですが、実際には汚れや傷がつきやすいものです。床にこびりついた汚れはなかなか落ちにくいため、室内の美観が台無しになってしまうこともあります。そのためフローリングの床には汚れや傷から保護する目的で、定期的なワックスがけが一般住宅でも多く行われています。ワックスを塗布することで床面に保護膜が生じ、汚れもその保護膜上に付着するため容易に落とすことができます。床には日常生活上のさまざまな動作によって傷もつきやすくなりますが、ワックスの保護層があればダメージが軽減されるのです。フローリングの床をきれいに保つために使われる樹脂系ワックスには、大きく分けてアクリルワックスとウレタンワックスの2つがあります。アクリルワックスはウレタンワックスと比べて乾きが早く、電球の光が床に映るほどの美しい光沢が特徴です。ウレタンワックスはアクリルワックスよりも水に強いという特徴を持ち、耐久性の高さという点でも上回ります。完全に乾くまで数時間を要するウレタンワックスは取り扱いが難しい面もあるため、一般家庭用としてはアクリルワックスの方が広く普及しています。

最も安全性が高いワックス

フローリングの床にワックスを塗る作業は、材料や道具を購入すれば自分でもできますが結構な重労働です。綺麗好きの主婦の中には自分で定期的に床のワックスがけを実施しながら、年齡とともに負担が重くなってやめてしまう人も少なくありません。そのような場合でも、ハウスクリーニング系の業者を利用することで定期的なワックスがけを継続できます。エアコンやキッチン・バス・トイレなどの清掃にプロの技を発揮しているハウスクリーニング業者は、床へのワックスがけでも高い技術力を見せてくれます。床へのワックス塗布では事前の汚れ落としやむらなく塗るための丁寧な作業も欠かせませんが、プロの業者ならきれいに仕上げてくれるものです。ハウスクリーニング業者に依頼すれば取り扱いの難しいウレタンワックスも使用できますが、アクリルワックスの方が料金ばかりでなく安全性も高いと言えます。小さな子供のいる家庭やペットを飼っているケースなどは、たとえ微量でも有害成分がワックスに含まれていないかどうか気になるものです。安全性の高いアクリルワックスはハウスクリーニング利用者の中でも人気を集めており、住環境の向上に大きく役立っているのです。