壁の汚れやシミはクロス張り替えで問題解決|壁紙の種類と特徴

作業員
  1. ホーム
  2. 快適な視聴を楽しむために

快適な視聴を楽しむために

部屋

環境作りで注意すること

デジタル化した映像や映画館で体験するサラウンドシステムの再現が容易になってきたことで、近年ではシアタールームを作る家庭が増えてきています。シアタールームの定義は決まっておらず、20インチのテレビで視聴しても良いのですが、本格的な視聴空間を求めるのであれば、通常の居室を作る以上に音響性能や空調換気設備、電気設備などを用意する必要があります。迫力のある映像を見るためのスクリーンやプロジェクター、リアルな音響を再現するためのスピーカー、快適な空間を作るために諸々の設備を準備しなくてはいけません。特に音響を求めると、大音量での視聴で近隣への騒音になってしまうことになるので、遮音性のある室内を作ることを心がけることになります。

納得できるこだわりを知る

シアタールームの視聴で大音響になると、外に漏れ出して騒音のトラブルが発生することがあるため、環境作りでは最も注意しなくてはいけない部分となります。近隣に迷惑がかからないようにするには、元から高い防音性能のある部屋を探すか、専門の業者にお願いして高い防音設備を設置してもらう必要があります。単純に音が外に漏れないようにするだけでなく、ブーミングやフラッターエコーなどの音響障害を取り除くことも考え、丁寧な工事を心がけることが重要です。また、テレビやプレイヤー、AVアンプなどを置くための配線工事、スピーカーの配置や照明デザインなどいくらでもこだわることができるので、その分だけ費用が大きくなることもあります。重要なのはシアタールームへの自分なりのこだわりになるため、求めている部分を専門業者に伝えておきましょう。